臭い玉を自分で取るって人が多いですが、「あなたはどうされていますか?」
 
臭い玉は指や綿棒、歯ブラシ、耳かき、ピンセット、などを使って
自分で取るという人がいますが、これはとっても危険なのでやってはダメ。

自分で取るのは危険

 

世界初!瞬時に息スッキリ&ホワイトニング

 
では、「どうすればいいの?」
 
 
まずは耳鼻咽喉科で診てもらうことことがベストな方法。
 
 
臭い玉が見えないけど臭いがして気になったり不安なら
自分で取ろうとせずにまず耳鼻咽喉科で受診しましょう。
 
 
あなたが毎日を不安な気持ちで過ごすのは、精神衛生にも良くないですからね。
 
 
「自分で取ったことあるし、、、。」
 
と思われたあなた、それはたまたま上手くできただけかも知れませんよ。
 
 
臭い玉が見えても見えなくても気になるのなら専門医に診察してもらいましょうね。
 
 
素人判断はとっても危険です。

 

 

 

扁桃炎の可能性も

 
臭い玉は見えないんだけど、咳がよく出たり、喉がイガイガしたり
喉に何かくっついているような感じはとても不快なものですよね。
 
 
これは、扁桃炎などの炎症が原因で喉がイガイガすることも多いです。
喉の腫れやヒリヒリとした痛みがある場合も扁桃炎など喉に炎症を起こしていることがよくあります。
 
 
このようなことから、臭い玉は見えないけどなにか喉がおかしいと感じるのでしたら
面倒でも耳鼻咽喉科で診てもらってくださいね。
 

あなたが自分で臭い玉を取ると後悔する

指で取ると危険

 
臭い玉(膿栓)が鏡を使って見える位置にあると簡単に取れそうに思いますよね?
 
いろいろと調べると簡単に取れたという人がたくさんいます。
 
でもあなたはしない方がいいですよ!
 
 
指がのどちんこ”に当たって、「おえっ~」となったり扁桃腺を傷つけることもあります。
 
更に新しい臭い玉ができることも。
 
 
とても喉の調子が悪くなって、唾を飲み込むときに激痛になったりすることもあるんです。
 
 

綿棒で取ると危険

 
綿棒なら喉にやさ
しい感じがして使う人が多いですがあなたはマネをしないでくださいね。
 
 
取れなかった場合、強く押してみたり、こすったりとどうしてもなります。
それで結局は扁桃腺がダメージを受けてしまうんです。
 
 

耳かきで取ると危険

 
耳鼻科では耳かきもやりすぎないようにと指導されますよ。
 
 
扁桃腺は粘膜なので耳よりもっとデリケートなんです。
 
そこに固い耳かきを突っ込むと傷つけることが多いです。
 
更に、臭い玉ができやすくなるというデータもあります。
 
 

ピンセットで取ると危険

 
「つかむと取りやすい!」と思いますがとっても危険。
 
手元がくるってしまうと傷をつけてしまい出血することに。
 
ピンセットって先がとがっていいるのであぶないです。
 
 

歯ブラシで取ると危険

 
「えっ、歯ブラシ?」って思いますが、歯ブラシで取る人もかなりいます。
 
これもダメ。扁桃腺を傷つけたり、臭い玉が逆に増えたりできやすくなった人もいるのです。
 
 

ウォーターピックで取ると危険

 
ウォーターピックは歯の間のごみを水流で吹き飛ばすものです。
 
水流を一番低くしても傷つけることが多いです。
粘膜には強すぎてヒリヒリと赤く腫れたりすることも。
 
 

シリンジで取ると危険

 
注射器の筒なので吸引すれば臭い玉が取れそうですが穴が広がってしまうことが多いですよ。
 
臭い玉が増えたり、できるベースが早くなったりと悪化させてしまうことも。

 

自分で取るのはとっても危険ってことはわかったけど、病院へ行くのも大変・・・

 

そんなあなたに耳寄りなお知らせ!下記をタップして見てくださいネ。

まとめ

 
 臭い玉を自分で取るのは危険なので耳鼻咽喉科に行きましょう。
 
 
臭い玉を自分で取ると・・・
 
血が出ることがある
 
扁桃腺が腫れることがある
 
熱が出ることがある
 
以前より臭い玉がひどくなることがある
 
 
 
ここまでお読みいただきありがとうございます。