英会話教材の種類っていろいろあって「どれを選べばいいの?」って悩んじゃいますよね。

 

最近の傾向として「聞き流し」や「自然に入ってくる」という英会話教材が多いですが、短期間で話せるコツは、基本文例を音声で繰り返し頭に入れて、その上でバリエーションを学ぶことが必要なんです。

 

 

これから紹介する「スピークエッセンス」は、他の英会話教材と違う特徴が沢山あります。

 

あなたにピッタリの教材なのか、評価や特徴などチェックしてみてくださいネ。

 

短期間で話せる理由もわかっちゃいますよ。

 

スピークエッセンスの評価・概要・特徴・デメリット・メリット

 

英会話教材スピークエッセンスの評価

 

 


スピークエッセンスは、日常会話の基礎を最短でしっかり習得することが可能です。

 

スピークエッセンスは、「日本人の脳の働き」と「英会話の仕組み」を深く結びつけているので、あなたも学習されるとわかりますが、短期間で「話せる」が実感できちゃいますよ。

 

スピークエッセンスの学習方法は、プロの通訳が実践する勉強方法を超初心者向けに開発して、実証を得てきたものなんです。

 

「思いついた日本語が同時に英語に置き換わる」という感覚が体感できます。

 

 

 

英会話教材スピークエッセンスの概要

 

スピークエッセンスは英会話特化型教材なんです。

なので、難しい文法とか一切なし。日本語と英語の対応だけ。

日本人の初心者に向けて作られています。

 

 

 

スピークエッセンスは、英語教育の第一人者である池田和弘先生により、7年以上の研究期間を経て完成させた教材なんです。

 

テーマは、「学習者に優しい」で、徹底的に学習効率と効果を追求し、短期間(約45日間)で「話せる」を実感できることを目指し完成した英会話教材。

 

小学高学年から年配の方、今までに英会話の学習で挫折した方、海外旅行など英語で簡単な会話をする機会のある方に向けて作られています

 

 

英会話教材スピークエッセンスの特徴

 

スピークエッセンスの特徴をまとめてみました。

 

  • 短い英会話によるパターン学習
  • 5つ前後の単語でのシンプル英会話
  • 日本語→英語の順序
  • ひとりのスピーカー
  • 超スローリスニング
  • コントロールできる会話

 

簡単に特徴をまとめると上記になります。

 

スピークエッセンスは、脳の記憶メカニズムを考慮して開発されているので、短期間で「話せる」を実感することができるようになります。

 

「資格を取るための英語」ではなくて「会話のための英会話」を学べる英会話教材なんです。

 

 

短期間で話せる理由

 

 

よくある聞き流しの教材ではなくて、細切れでの「訳」が収録されているので応用力がつきます。

 

「聞き流し教材」で、長い文章や会話を全部覚えても、同じシチュエーションでないと英語が出てこないじゃないですか。

 

それが英会話で挫折しちゃう原因のひとつでもありますよネ。

 

スピークエッセンスは、「短い文章(5単語ほど)を間合いを入れて意識付け」するところから始まるんです。

なので、あなたも試されると実感できると思いますが、フレーズが自然に入りますよ。

 

これが短期間で話せる理由です。

 

最小単位の会話ブロックを積み上げることで、会話がつながり、無数の会話パターンが可能。

 

短い英会話によるパターン学習は、パターンを覚えるのではなくって、パターンを生み出せるので、会話の応用が効き、会話がつながるようになってきます。

 

 

スピークエッセンスのデメリット

 

スピークエッセンスは、子供さんから年配者さんまでの、初心者向け教材なので、すでに英会話スクールで学習されている方には、内容が簡単すぎて物足りないかも知れません。

 

 

英会話教材のデメリットである、「分からないことが質問できない」と「英会話を実践できない」は、下記のメリットで説明していますサービスを利用することである程度カバーできます。

 

 

スピークエッセンスのメリット

 

 

 

英会話スクールより価格がリーズナブルでお得。

 

無料で1ヶ月間・4回までのオンラインレッスンが受けれる。
(2ヶ月以降も格安でオンラインレッスンの受講OK。講師は日本語もできるので初心者も安心)

 

無料でわからないことがあれば、1年間は電話学習サポートが受けれる。

【英会話教材スピークエッセンス公式サイト】はこちら

まとめ

 

スピークエッセンスは、英会話の初心者が短期間で「話せる」を実感できる英会話教材

 

スピークエッセンスは、すでに英会話スクールで学習されている方には物足りない英会話教材

 

 

ここまでお読みいただきありがとうございます。